もうだめぽ・・・


by usagiwokau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ティキ「人ん家勝手に入ってくんのはだうだと思うがなぁ・・・

そろそろ彼岸花の
綺麗な季節となってまいりました
うーさーです。

・・・綺麗なんだけどねぇ。




なんヵヒガンバナって変換したら
彼岸って出たんだけど・・・




全草有毒、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン)を多く含む有毒植物
誤食した場合は吐き気や下痢、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死にいたる。
墓地や田畑の畦(あぜ)に多いのはネズミ、モグラ、虫などが
その鱗茎の毒を嫌って避ける(忌避)ように人手によって植えられものが多い。
墓地の場合は土葬後これらの動物によって掘り荒されるのを防ぐためである。
この毒は長時間水に晒せば抜くことが可能であり、澱粉に富むため、
古くは救飢植物として食用とされた事もあるが、
毒抜きの時間が不十分であったり、長期間食して毒物が蓄積したために
中毒を起こしたケースが多々存在するため、絶対に真似してはいけない。
また、花が終わった秋から春先にかけては葉だけになり、
その姿が食用のノビルやアサツキに似ているため、誤食してしまうケースもある。


鱗茎は石蒜(せきさん)という生薬名であり利尿や去痰作用があるが、
有毒であるので素人が民間療法として利用するのは危険である。

彼岸花(ひがんばな)の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。
別の説には、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、というものもある。
上記の飢餓植物としての面から一考する価値はあると思われる。
別名の曼珠沙華は、法華経中の梵語に由来する(梵語での発音は「まんじゅしゃか」に近い)。また、"天上の花"という意味も持っており、相反するものがある(仏教の経典より)。
万葉集にみえる"いちのしの花"を彼岸花とする説もある。

異名が多く、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花(ゆうれいばな)
、剃刀花(かみそりばな)、狐花(きつねばな)、と呼んで、
日本では不吉であると忌み嫌われることもある。
しかし、そのような連想が働かない欧米を中心に、園芸品種が多く開発されている。
園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。

秋の季語。花言葉は「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

俗信では、家に持って帰ると、火事になる花とも言われている




――ウィキペディアより抜粋。








ちょ、コワ!!1!



ぁーなるほど、そういえば地獄少女にも
背景に一杯植えてあった気がする・・・







~リアネタ




ぁ、そうだ昨日は部活無かったんだったなぁ、そういえば。





・・・部活なし?



















テストやがな!!∑



やっちまった!すっヵり忘れてた!




・・・まぁどうにでもなったんだけどね。

科学は少々無理臭いが





なんだよアボガドロとヵ定数とヵ!
解る人挙手(´・ω・`)




だがすんだことだヵら
ウジウジ掘り返さないぜ!(目をそらしながら)





まぁなんだ、
明日もテストあるんじゃないヵorz

やっべ科目覚えてねーや





というわけで
良性格のミズゴローできたんで
育ててきm =○)'w`)ノ・∴`





でゎ、
('w`)ノシシ~
[PR]
by usagiwokau | 2007-09-26 15:29 | うーさーの日々